おすすめサイトの最新記事


ランキング参加中!画像タッチで投票よろしくニャ

にほんブログ村 2ちゃんねるブログへ

1:まとめさん2019/05/04(土) 23:41:19.62 ID:CAP_USER.net
ホント? なんて声が聞こえてきそうだ。

 全身にがんが転移し、「余命3カ月」と宣告された米国の男性が、犬の駆虫薬を飲むことで完全回復したというニュースが世界中の注目を集めている。

 英紙「サン」(4月27日付電子版)などによると、この男性はオクラホマ州エドモンドに住むジョー・ティッペンズさん(写真)。

 2016年に小細胞肺がん(SCLC)と診断されて治療を始めたが、17年1月には、がんは胃、首、脾臓、骨など全身に転移し、手の施しようのない状態になった。

 医者からは「ここまで転移しては回復の見込みは約1%です。余命は3カ月ほど」と宣告された。

 ジョーさんは「余命を1年まで伸ばせるかもしれない」という実験療法に参加すると同時に、何か奇跡を起こす別の方法はないものか、とあれこれ調べていた。

ある日、母校オクラホマ州立大学のフォーラムをチェックしていたら、「あなたが、もしくは知り合いががんにかかっているなら、連絡してみて」という投稿が目に入った。

 連絡を取ってみると、驚いたことに投稿者は獣医だった。獣医はジョーさんに、次のように説明した。

「偶然、犬の駆虫薬として使われるフェンベンダゾールが、マウスのがん細胞を攻撃した可能性があることが発見されたんです。それでステージ4の脳腫瘍の患者にフェンベンダゾールを処方したところ、6週間も経たないうちに腫瘍が消えてしまったのです」

 この話を聞いたジョーさんは実験療法を続けるとともに、フェンベンダゾールをネットで購入、服用し始めた。価格は1週間分でたったの5ドル(約560円)。

 そして3カ月後、実験療法を受けている病院で、PET(放射断層撮影法)スキャンを受けたところ、がんがきれいに消滅していたというのだ。

「3カ月前……がんは頭からつま先まで、体中に転移していました。恐ろしい転移で、3カ月以内に100%死ぬという状態でした。ところが3カ月後、PETスキャンには何も映っていなかった。どこにもがんはありませんでした」

 ジョーさんは実験治療、フェンベンダゾールの他にビタミンBのサプリ、大麻から抽出されるカンナビジオール(CBD)、香辛料のウコンの有効成分であるクルクミンなどを摂取していた。

 しかし実験療法を受けた約1100人のうち、がんが完治したのはジョーさんのみ。フェンベンダゾールが劇的に効いたとしか考えられなかった。

 ジョーさんはその経緯を、公式ウェブサイト「Get Busy Living(必死で生きる)」で発表した。

「がん患者に誤った希望を与える」との批判も受けたが、ジョーさんは次のように語った。

「医学的治療に関するアドバイスをする資格はありません。でもできるだけ多くの人々に体験談を語る資格はあるはずです」

 一方、フェンベンダゾールによってがんが治ったというケースが、ジョーさん以外に40件以上あることも判明。

 ジョーさんの話を知ったオクラホマ医療研究基金がフェンベンダゾールのがん治療の性質に関する研究を始めているという。



https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/253187
2:まとめさん2019/05/04(土) 23:46:41.32 ID:ZrV4pQOb.net
免疫活性化だろうけど、、、
3:まとめさん2019/05/04(土) 23:47:40.09 ID:d+sAgZWG.net
寄生虫と診断間違えたんだろw
4:まとめさん2019/05/04(土) 23:50:03.88 ID:3exCUWI3.net
死の宣告を受けた人は1%希望にも縋り付く
5:まとめさん2019/05/04(土) 23:54:28.76 ID:+JKRYGYl.net
プラシーボ効果
44:まとめさん2019/05/05(日) 08:53:53.63 ID:ZzksoXgk.net
>>5
恐ろしいな!
7:まとめさん2019/05/05(日) 00:05:53.48 ID:acRWpnRH.net
合う合わないあるからねぇ
22:まとめさん2019/05/05(日) 02:23:16.98 ID:aZ7ibyM1.net
>>7
> 合う合わないあるからねぇ

人間って究極の雑種だから個人個人で遺伝子は千差万別で遺伝的な多様性が極めて大きい
つまり動物種としての人類(ホモ・サピエンス)は個体差が非常に大きな種だということ

その点、値段の高い血統書付きの犬とか競走馬とか肉の生産量とかで最適化された牛や豚とかでは
同じ品種の中では遺伝子の多様性は極めて乏しい

だからそれら高級な犬とかでは同じ病気には同じ薬がほぼ同じように利いたり利かなかったりするのに対して
人間の場合には、病気に関しても個人差が非常に大きいし薬に対する反応にしても同じく個人差はとても大きい

まあこのニュースの男性は宝くじの1等賞に当たったようなものだな
この人の身体(遺伝子)と病気との組み合わせに対して奇跡的なほどに効果抜群の治療薬に巡り合えたということだよ
このニュースの犬の駆虫薬はこの人のそのガンには神懸かった効果を発揮したのは事実だろうが
それはこの人だけの話、他の人にはたとえ同じ種類のガンでもその駆虫薬が効果を発揮するかはかなり疑わしい
9:まとめさん2019/05/05(日) 00:11:01.77 ID:7uIWLpue.net
日本ですらガンの治療法の研究に100億円以上の予算が組まれてるというのに、、
こんな方法で治ったら世界中の研究者や研究機関がぶっとぶわ。。。

たぶん、握りつぶされると思う。
虫歯治療薬と同じ運命か。
17:まとめさん2019/05/05(日) 01:11:40.83 ID:WFCKMERD.net
製剤会社が全力で潰しに来ると思うわw
19:まとめさん2019/05/05(日) 01:34:34.47 ID:UcRzBA5d.net
まあわずかでも治る人いるならいいじゃない
21:まとめさん2019/05/05(日) 02:13:55.21 ID:/MeACi11.net
ガン細胞の分裂を阻止するんだろうな
24:まとめさん2019/05/05(日) 02:37:47.28 ID:sXeIdJZW.net
>>21
そうすると免疫力で消すってことか・・・

オクラホマ、スゲーな。
26:まとめさん2019/05/05(日) 04:43:46.74 ID:A12rJBwe.net
虫下しの薬がある種の古典的抗がん剤と同じ機序を持つというのは知られていて、今回のはそれが犬用だったという話
もちろん世紀の大発見とかではないし、投げっぱなしで詳細はわからない
31:まとめさん2019/05/05(日) 06:27:29.84 ID:9E6ElQSl.net
日本でも
慶應がやってるなあ
http://www.iab.keio.ac.jp/news-events/2009/05201536.html
32:まとめさん2019/05/05(日) 06:34:37.27 ID:lhOHGWi2.net
>>31
本当の事だったか
38:まとめさん2019/05/05(日) 07:42:33.76 ID:X8vtWG7O.net
ニュース記事
https://www.dailymail.co.uk/health/article-6965325/Oklahoma-grandfather-claims-drug-DOGS-cured-cancer-tumor-free.html
56:まとめさん2019/05/05(日) 10:44:09.82 ID:pae2Cm+c.net
新しいタイプのガン治療薬だね
ほぼノーリスクで安価に試すことができるし
既存の治療薬と同時にやってもアプローチが違うから害がなさそう
ただ効くタイプと効かないタイプがありそうだよね
61:まとめさん2019/05/05(日) 11:20:08.45 ID:AXkbYQMf.net
1%の奇跡どころか0.1%の適合者だったのか
がん細胞には作用するみたいだから効いたんやろな
81:まとめさん2019/05/05(日) 13:22:47.61 ID:k1deeHqR.net
犬だけにワンチャンあったのですね。
127:まとめさん2019/05/05(日) 21:20:39.15 ID:JQl/4OYy.net
あまり民間療法は信じないけど、副作用がないって魅力的すぎるwww
こんなお手軽に効いていいのかよw


虫下し薬が「がん」に効く? メタボローム解析でがんが回虫と同じ代謝を使うことを示唆
http://www.iab.keio.ac.jp/news-events/2009/05201536.html

ある種 の虫下し薬は、回虫が使っているこの特殊な代謝を選択的に阻害するためヒトには副作用がなく、
回虫のみを死滅させる事ができます。
134:まとめさん2019/05/05(日) 21:50:07.13 ID:XKzicCnq.net
これって個人で勝手に服用していいの?
135:まとめさん2019/05/05(日) 21:52:21.90 ID:P0jAuOZj.net
>>134
厳密には違法だろうけど、どうせ数か月で死ぬ予定の重病人たちが飲むんだから
大した罰則も与えられない。
147:まとめさん2019/05/05(日) 22:40:04.84 ID:+4n4RJcu.net
慶応が2009年に発表したのは、嫌気下では回虫と癌細胞が似た特殊な代謝方法を
行っているってことと、駆虫剤で癌細胞が死滅するってこと。

駆虫剤は寄生虫の微小管生成を破壊しグルコース取り込みを阻害することで
寄生虫を殺す。
現在使われている抗がん剤も同じ作用で癌細胞を叩いているものがある(タキソル等)

ジョーさんのブログリンクによると駆虫剤の微小管生成阻害作用は人癌細胞にも有効で
グルコース阻害も有効であったと。

現在癌治療に使われている抗がん剤は耐性と毒性が問題。

駆虫剤は抗がん剤よりも穏やかな作用で微小管等に作用し、駆虫剤と抗がん剤を併用する事で
抗がん剤の効果は増強すると。

慶応の発見が無ければただの嘘だろ、で終わるとこだけど、どうなんだろうね・・・。
173:まとめさん2019/05/06(月) 09:06:44.22 ID:Mk6Urg/I.net
まーいろんな可能性を探るって大事だわなー

配信元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1556980879

にほんブログ村 2ちゃんねるブログへ

コメント

名前

記事検索

にほんブログ村 2ちゃんねるブログへ

ランダム記事